住職メッセージ

御仏が先祖の霊を護り、我々人間の死後が極楽浄土に導かれるとされるに対し、弁財天様は現世(いま)を生きる人間の苦を救い、幸せを与えようとされる現世利益の女神であります。
弁才天様をひたすらに信仰すれば必ず、多いなる功徳を授かるとされています。
ひたすらな信仰とは、慈母に対する幼子のように、理屈ぬきで信じてすがることであります。
また当山、布施弁天東海寺は「泣いている方は笑顔になり、怒っている方は心静かになり、心傷ついた方は涙で洗い流せる場所でありたいと、切に願うものであります。

開山千二百年祭を機縁としていただき、篤く弁財天様を信仰されますよう、心より御来山お待ち申し上げます。

紅龍山 布施弁天 東海寺 住職

紅龍山 布施弁天 東海寺 開山1200年祭を終えてのご挨拶

布施弁天

今般、当山におきましては、不肖私 下村法之が紅龍山東海寺第四十世の法燈を継承するに至り、去る平成25年11月3日に1200年祭結願法要、並びに晋山式法要を相勤めました。御蔭をもちまして、晋山式を盛大に挙行せられ、無事に終えることが出来ましたこと、ひとえに本尊、大弁財天女様を始めとする仏天の加護、先師の御法縁、寺院諸大徳の御法愛、そして皆様方の日頃よりの御指導御鞭撻によるものと存じ、篤く御礼申し上げますと共に、今後一層の精進を重ねて御厚恩に報いる決意を新たに致す所存にございます。

1200年祭の期間にご参拝された方も、都合がつかずおいでになれなかった方も、是非また弁天様に会いにお越し下さいますよう、山内一同心よりお待ち申し上げます。